「 消化器系 」一覧

犬のうんちの量はどのくらいが健康なのか?


愛犬のうんちは、健康状態を知るためにとてもよい情報のひとつです。

では、どんなうんちが健康といえるのか知っていますか?

健康なうんちって?

健康なうんちの観察ポイントは、次の通りです。
続きを読む


犬がうんちしないときの原因5つと対処方法


愛犬がうんちをしないと心配になりますよね。

犬は、1日に数回排便するのが正常な状態といえます。

ですので、丸1日、2日、と便が出ていない状態は便秘であると言えます。
続きを読む


犬の胃腸の弱い子の対応策とは?フードの替え方と選び方


うちの愛犬は胃腸が弱くって・・・という方もいらっしゃると思います。

そんな愛犬に対してどのようなことをしてあげられるのか考えてみましょう。

原因を調べよう


まずは、胃腸の弱さがどこから来ているのか調べることも大切です。
続きを読む


犬の胃腸の病気はいろいろ。早めの受診をおすすめします。


愛犬に嘔吐や下痢などの症状を起こす、さまざまな胃腸の病気を簡単にご紹介します。

胃腸の病気一覧

胃炎

悪くなった食べ物を摂取したことや誤食、食べ過ぎなどが原因で起こる急性と消化不良やストレスなどで起こる慢性があり、嘔吐や食欲低下、体重減少がみられます。

胃拡張

胃がガスで膨張し、腹痛や吐こうとしても吐けないなどといった症状が起こります。
続きを読む


犬の蛋白漏出性胃腸症の原因と症状、治療はなにをするの?


蛋白漏出性腸症とは、腸管からアルブミンなどの血漿タンパクが漏れ出してしまい、血液中のアルブミン・タンパク質が少なくなり低蛋白・低アルブミン血症となる病気です。

その原因はさまざまあり、愛犬の性別や年齢にかかわらず発症する可能性があります。

蛋白漏出性胃腸症の原因は?

原因として考えられるものは、腸のリンパ腫や腸リンパ管拡張症、腸内寄生虫症などの慢性の炎症性の腸疾患となり、腸粘膜からタンパクを失ってしまうために、低蛋白・低アルブミン血症が起こります。
続きを読む


犬の下痢はいつまでなら様子見?病院へ連れて行くタイミングは?


愛犬が下痢をすると、すぐに動物病院に連れて行ったほうが良いのか、それとも自宅で様子をみててもよいのか、判断に迷うことがありますね。

もちろん、下痢をしているのは普段とはちがう状態なので行ける場合は動物病院に連れて行くので間違いはないでしょう。

犬の下痢はいつまでなら様子見?


でもすぐには連れていけない場合、自宅で様子を見てもいいのはどんな場合かというと・・・愛犬も人同様に、お腹が冷えた時や普段食べなれないものを食べた時、もしくは慣れない環境に身を置いたときに下痢をすることがあります。
続きを読む


犬の下痢に血が混じるときに落ち着いてチェックするべきこと


愛犬が下痢をしている。

それだけでも心配なのにそこに血が混じっているのを見つけると慌ててしまいますね。

しかし、まずは落ち着いて便の状態を確認してみてください。
続きを読む


犬が下痢の時の食事はどうする?正しい対処方法とは?


愛犬が下痢をしているとき、食事はどうしたらいいのかと迷うことがあります。

犬が下痢の時の対処方法とは?


どのくらい下痢をしているのか、下痢の回数はどうか、元気さはあるのか、食欲はあるのか、など下痢ひとつとっても状態は様々ですが・・・下痢をしているときは、基本的には食事を抜いて一度お腹の中を空にすることでお腹を休ませます。

このとき、水は自由に飲めるようにしておいてください。
続きを読む