「 感染症 」一覧

子犬が散歩をすると病気のリスクが?生後3~4か月におすすめの過ごし方


愛犬との生活を始めるにあたって、楽しみなことのひとつが「お散歩」だと思います。

ただ、子犬を飼い始めてすぐにお散歩が出来るわけではありません

ご存知の方が多いとは思いますが、愛犬を迎え、我が家に慣れてくると病気を予防するために混合ワクチンの接種が必要となり、その予防接種のプログラムが終了するまで、病気感染予防のために外出は控えなくてはならないのです。
続きを読む


子犬のこわい病気パルボウィルスとワクチン接種の重要性


子犬の病気で最もこわいものとしてパルボウイルス感染症というものがあります。

これは激しい下痢や嘔吐や脱水症状などを起こし、抵抗力の弱い子犬では発症からわずか2・3日で死に至ることもあるという病気です。

このウイルスは感染した犬の便や尿、嘔吐物、唾液などから排泄され、自然界で一年、生存できるといわれています。
続きを読む


子犬の病気で咳が出るものは?ケンネルコフをワクチンで予防しよう


飼い始めた子犬がをしている、ということはありませんか?

自宅に迎え入れて数日間は、新たな環境に慣れるまで少なからず子犬もストレスを感じています。

また、なにか疾患にかかっている場合は潜伏期間があることも考え、様子をみる期間でもあります。
続きを読む