犬の下痢に血が混じるときに落ち着いてチェックするべきこと


愛犬が下痢をしている。

それだけでも心配なのにそこに血が混じっているのを見つけると慌ててしまいますね。

しかし、まずは落ち着いて便の状態を確認してみてください。
続きを読む


犬が下痢の時の食事はどうする?正しい対処方法とは?


愛犬が下痢をしているとき、食事はどうしたらいいのかと迷うことがあります。

犬が下痢の時の対処方法とは?


どのくらい下痢をしているのか、下痢の回数はどうか、元気さはあるのか、食欲はあるのか、など下痢ひとつとっても状態は様々ですが・・・下痢をしているときは、基本的には食事を抜いて一度お腹の中を空にすることでお腹を休ませます。

このとき、水は自由に飲めるようにしておいてください。
続きを読む


犬は散歩でどのくらいカロリー消費する?


愛犬の一日に必要なカロリー量を計算式で計算できるように、愛犬の散歩で消費されるカロリー量も次の計算式で割り出すことができます。

1.77d×BW-0.4(マイナス0.4乗)+1.22×BW-0.25(マイナス0.25乗)

※dとは運動距離(Km)、BWは体重のことです。
続きを読む


犬の一日に必要なカロリーは?簡単な計算式で確認してみよう


愛犬も人同様に、一日に必要なカロリーを計算式で知ることが出来ます。

ドッグフードに記載されている給与量やカロリーが愛犬に合っているか心配な方や、愛犬の体重管理をきちんと行いたいという場合に、一日の必要カロリーを知ることはとても有効な手段です。

一日に必要なカロリーの計算式は?


簡単な計算式は次のようになります。

一日の必要カロリー量=(体重+30×70)× 係数

この係数は愛犬のライフステージによって異なります。

係数
生後4か月未満の子犬:3. 0
生後4か月以降1年未満の子犬:2. 0
避妊・去勢していない成犬:1. 8
避妊・去勢後の成犬:1. 6
活動的な犬:1. 6
肥満傾向の犬:1. 4
肥満犬:1. 0
高齢犬:1. 4
妊娠犬:1. 8~3. 0
授乳中の母犬:4. 0~8. 0

実際に計算してみよう


計算式を参考に愛犬の一日に必要なカロリー量を計算してみましょう。

そして現在与えているフードに記載されているカロリーを比較・確認してみましょう。

おやつをあげている場合はおやつのカロリーを含めて考えましょう。

もちろん、与えているドッグフードの種類によってグラムに対するカロリー数は様々ですので、給与量に囚われすぎないよう注意してください。

そしてこの計算式ででた必要カロリー量も、生活環境や愛犬の運動量などでも変化しますのであくまで目安として参考程度に考えてくださいね。

自分で食べるものを決められる人とは異なり、犬は飼い主さんが与えてくれるものが全てです

大切な家族の一員である愛犬が、健康に過ごせるかは飼い主さんにゆだねられています。


犬のフードアレルギーの症状と原因は?検査と対処方法について


体の中の「自己」と「非自己」を区別して、体を害する細菌やウイルスなどの異物を攻撃する免疫反応が、花粉などたいして害にならないものまで過剰に反応してしまい炎症が起こることを”アレルギー”といいます。

このアレルギーの原因は様々あり、そのなかで食べ物が原因となるアレルギーを食物アレルギーといいます。

食物アレルギーの症状は?

犬の場合は2歳までの発症が多く、症状は、皮膚のかゆみ、脱毛、目の赤み・涙目(涙やけ)、外耳炎、嘔吐下痢などです。
続きを読む


犬のフードの選び方とおすすめは?缶詰?それともドライフード?


愛犬が毎日食べるものだから、ドッグフード選びはとても大切なことです。

では、どのようなフードを選んだらいいのでしょうか。

缶詰?それともドライフード?

まずは、ドライフードか缶詰の種類から選びます。
続きを読む


犬の体重の平均はどのくらい?家でも体重測定できるの?


愛犬の健康管理のためには、犬種の平均体重を知っておくのもおすすめします。

ただし、あくまでも目安ですので平均体重と違ったとしても、いちがいには痩せすぎ・太りすぎというわけではありませんので注意してください。
続きを読む


犬の体重を人間に換算すると?体重管理の考え方


「犬の体重を人間に換算すると?」という考えをするのは、主に愛犬の体重管理の時、ご家族に想像してもらいやすくする場合に用いられることが多いです。

というのも、愛犬の体重が500g増加したという場合、多くのご家族がこの数字に惑わされてしまうからです。

ほとんどの犬の場合、”たった”500gではありません
続きを読む


犬の体重はいつまで成長する?フードの量はどうすればいいの?


子犬の日々に成長には目を見張るものがありますね。

あっという間に大きくなっていく子犬ですが、どのくらいまで大きくなるのだろう?

どこで大人の体格と判断するのかな?
続きを読む


犬の毛並みを良くするには?被毛を健康に保つために大事なケアは?


愛犬の美しい被毛を健康に保ち毛並を良くするには、お手入れであるブラッシングとシャンプーが欠かせません。

特にブラッシングは定期的に行うことをおすすめします!

ブラッシングのメリット


ブラシを通すことで毛玉を防いで毛並みが整いキレイになりますし、塵やほこりなどの汚れ、抜け毛などを取り除けます。
続きを読む