犬のトイレをどうする?トイレトレーの選び方とは?しつけの簡単な方法は?

20150701
犬のトイレの事でお悩みの方は多いと思います。

犬を飼うのがはじめてという方は「犬のトイレを我が家のどこにおくか?」「何を用意すればいいのか?」「トイレでちゃんとしてくれるのか?」など気になる事がたくさん出てくるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

犬のトイレをどうする?

犬のトイレをどこに作るかで、まず悩んでしまいますよね。

玄関では来客のときに邪魔だしにおいも気になるし、キッチンも衛生面を考えるとちょっと・・・。

洗面所は狭いし遠いし、リビングでは目立ちすぎる?!

さて、困りました。

犬のトイレは、犬の習性に合わせて作ってあげるのがよいとされています。

犬は最初はあちこちでトイレをしますが、ある程度のところで自分でトイレの場所を絞る動物です。

敵に自分の居場所を知られてしまうことを避けるために、そのような行動をとります。

ですから、寝る場所や餌場とトイレの場所は分けるのが犬の習性なんですね。

ですので、トイレと一体型になっているケージは、あまり犬本来の習性にあったものではありません。

なかには人間と生活の中でトイレで眠ってしまうようになるワンちゃんもいますが、それはそれで衛生的でないため飼い主を悩ませるものです。

犬のトイレは、人目につかずに落ち着いて用が足せる場所がベストです。

飼い主と普段過ごす部屋の角のコーナー部分にトイレを作ってあげるとよいのではないでしょうか。

犬のトイレトレーの選び方とは?

20150701-3
トイレはペットシーツだけで十分、と言う人もいますが、トイレトレーがあったほうがココがトイレだとわかりやすく、はみ出したり家具を汚したりの心配も無くてよいでしょう。

ご安心ください、今では大型量販店に行けば便利で色々なトイレのアイテムが販売されています。

似たようなものでも、メーカーが違うのもあります。

もし愛犬がきちんとトイレの場所でできた場合は商品名を記録して、いつもおなじ物を使用してください。

また、トイレシーツは、新聞紙などで代用できるのではと思われるかも知れません。

ですが新聞紙はあまりおすすめできません。

なぜなら、もしもの時に愛犬を数日間知り合いの人に預かってもらった場合、相手の家で間違って雑誌や新聞の上で用をしてしまうことがあるからです。

飼い主が入院することがあるかも知れませんし、やむを得ず家を空けることになる場合だってあります。

いつ何時そうしたケースが出てくるかわかりませんので、常日頃からトイレシーツを使用していれば心配ありませんね!

トイレシーツも炭を使った消臭タイプのものをお勧めします。

独特のにおいが抑えられて便利です。

犬にトイレのしつけをする簡単な方法とは?

気持ちはわかりますが、犬のトイレのしつけで簡単な方法はありません

とにかく根気よく教えてください。

愛犬がきちんとトイレの場所で排泄をした場合は褒めてあげましょう。

犬には言葉はわかりませんが、飼い主の表情(心)に敏感です。

もし排泄を別の所でした時、間違っても、たたいたり怒鳴ったりしないでください

どんどん悪い方向に行ってしまいます、たとえば隠れてしたり、信頼関係が崩れてしつけ全体がおかしくなったりします。

間違った時ははっきりと「ダメでしょ!」褒めるときは「よし」などと短い言葉ではっきりと指示してあげましょう

また、間違ったところで排泄をしたら、すぐにきれいにして、消臭をしてください。

この作業を怠るとマーキングの習性で辺りかまわずおしっこをされてしまいますよ。

まとめ

80805559
犬のトイレは落ち着いてできる場所に作りましょう。
普段飼い主と過ごす部屋のコーナーに作ってあげられるとよいですが、来客や臭いが気になる場合は洗面所や廊下、脱衣所という手もあります。

飼い主にとってもストレスにならない場所を選びましょう。

犬との生活は先が長いです。

お互いが快適に過ごすためにも、最初の習慣づくりが肝心ですね。

我が家ではこの方法でトイレのしつけに成功しました↓
>> 犬の習性を利用した犬のしつけ方。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です