犬の歯石除去の方法は?薬浴は?圧迫排尿ってどうするの?

117549001
長い間犬を飼っていると、病気や怪我、その他の原因などで、飼い主が手助けしてあげなければいけないことがでてきます。

歯石の取り方、薬浴の仕方など、飼い主さんが知りたい「○○の方法」を、いくつかご紹介します。

スポンサーリンク

犬の歯石除去の方法は?

93535003
歯周病など、大きな問題にも繋がりかねないのが「歯石」です。

軽いものなら歯磨きの要領で落とすこともできるのですが、頑固なものを自宅で取ってあげようとすると、なかなか難しいのが現状です。

そんな中で、最近注目されているのが、「歯石除去用のスプレー」です。

毎日2回、口の中にスプレーしてあげるだけで、少しずつ歯石が落ちていくというものもあります。

手軽にできて価格もお手頃なので、一度試してみる価値はあるでしょう。

犬の薬浴の方法は?

5552791
愛犬の皮膚病に悩んでいる飼い主さんに、「薬浴」という方法がすすめられることがあります。

語感だけではお風呂に入れるのかな?と思ってしまうかもしれませんが、これは専用のシャンプーを使う治療法です。

汚れを落とし、毛を整えるためのものではなく、皮膚に作用する薬用シャンプーをしてあげるのです。

アトピーなど、犬の症状や状態によって、使うシャンプーは変わってきます。

事前に病院の先生と相談し、適したものを選ぶようにしましょう。

【薬浴の方法】

①ぬるま湯で全身を濡らす
②犬をマッサージするような感覚で丁寧にシャンプーで洗う
③薬浴のシャンプーは、皮膚になじむよう、しばらく間を置いておく
(その後、すすぐものが多い!)

犬の圧迫排尿の方法ってどうするの?

愛犬が怪我をしたり、病気などで自然に排尿できなくなってしまった時「圧迫排尿」というやり方で、飼い主がそれを手伝うことができます。

自分の意思でおしっこができないと、膀胱はすぐにいっぱいになってしまい、膀胱炎などを引き起こします。

そのため最低でも、1日2回はやってあげて下さい。

方法は少し難しいですが、慣れればすんなりできるようになることが多いです。

【圧迫排尿の仕方】

①犬の下腹部を手で触りながら、膀胱の位置を探します。
 ※犬の身体を横から見た時、後ろ足の付け根の上辺りに膀胱はあります。

②膀胱を押さえながら、おしっこを押し流すイメージでお尻側に押し出せば、流れができてすっと排尿できます。

まとめ

今回は3つの、犬に関する作業の方法をご紹介しましたが、これらは全て、ある程度の知識が必要なことです。

初めてやる方や詳しく知りたい方は、信頼できる動物病院で、きちんと説明を受けて下さいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です