犬がトイレで寝る理由とは?夏によくある?やめさせるには?

276418196
犬がトイレで寝てしまうことに悩んでいる飼い主さんは多くいます。

ペットシートの上で寝てしまって、おしっこのにおいがついてしまったりすると、そのまま部屋で遊ばれるのもいやですよね。

ベッドがちゃんとあるのにもかかわらず、トイレで寝てしまうのはなぜなのでしょうか。

スポンサーリンク

犬がトイレで寝る理由とは?

犬はもともと糞尿をする場所で寝るような生き物ではないのですが、子犬の場合はまだ
「①区別がつかないため、トイレで寝てしまう」
こともあります。

その場合は成長するにつれて寝床で寝るようになります。

また、ペットショップで購入した犬の場合、小さなガラスケースの中で暮らしてきたため、トイレシーツもガラスケースの中に敷いたままであることが多く、
「②寝床もトイレもいっしょくたになってしまっている」
ことがあります。

また、子犬のうちは
「③周囲が囲まれているほうが安心する」
ため、ちょうどからだが収まるサイズのトイレにぴったりはまって寝ている、なんていう話もよく聞かれます。

「④自分の匂いが付いている場所が落ち着く」
から、という説もありますよ。

そのほかに犬がトイレで寝てしまう理由としては、
「⑤ペットシーツがベットより気持ちがいい」
「⑥寝床の向きが関係している」
場合もあります。

犬は少しでも飼い主の近くにいようとするもの。

飼い主が寝ている側がトイレだったりする場合は、寝床の向きを変えてあげるだけで解消できる場合もあります。

犬が夏にトイレで寝る?

298824524
夏場になると、トイレやペットシートがひんやりして過ごしやすいと感じて、トイレで寝てしまうことがあります。

成犬で夏だけこのような行動をとる場合はその可能性が高いです。

「クールマット」を用意するなど、代わりの物を用意してみましょう。。

サラサラで気持ちがいいとか、トイレの場所がたまたま涼しくて風通しがいいことが理由なのかもしれません。

似たような生地を用意するとか、トイレの場所を移動することで解決できることもあります。

犬がトイレで寝るのをやめさせるには?

168392090
トイレの場所を変えたりひんやりするかわりのものを用意するのが一つの手です。

そして犬がトイレで寝たら怒るとか、音をたてるなどして、そこで寝てると嫌な思いをするということを学習させます。

また、トイレよりも安心できる場所はベッドだと教えてあげるのもよいでしょう。

まとめ

子犬のうちは仕方のないことかもしれませんが、成犬の場合はしつけをしてやめさせましょう。

トイレで寝る理由がわかれば解決策が見つかりやすいです。

色々と試してみてください。

>> こうやって教えてあげればトイレで寝ることはなくなります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です