犬が脱走する原因は?探し方はどうする?対策は?

142605394
街中を自由に駆け抜けるワンちゃん、見ていてかわいいのですが、あれが我が家の飼い犬だったらと思うと急に心配になってきます。

家の中で自由に何不自由のない暮らしをさせてあげていると思うのに、なぜか何度も脱走を図る犬を飼っておられる方は少なくありません。

どうして飼い犬が脱走を図るのでしょうか。

犬が脱走してしまった場合どうやって探したらよいのでしょうか。

犬が脱走しないようにできる対策はあるのでしょうか?

スポンサーリンク

犬が脱走する原因は?

犬が脱走する大きな理由は犬の性格です。

好奇心旺盛で陽気な性格の犬の場合、家の中でどんなに自由にできていようと
「①外の世界に出たくてうずうず」
してしまうのです。

また、散歩中や病院などに連れて行った際、犬の姿が見えなくて飼い主さんが驚いて探し始めたのを見て、
「②飼い主さんとかくれんぼごっこ」
を楽しみだす犬もいます。

飼い主さんが心配しているのではなく、喜んで遊んでいると思ってしまうんですね。

反対に少し内気で臆病な犬の場合、雷や花火など
「③大きな音にびっくりして慌てふためき家を飛び出てしまう」
ことがあります。

そして、人間と同じように
「④強いストレスを感じたとき、または加齢による痴ほう症で、
「④迷い出てしまう」
こともあると言われています。

犬が脱走したときの探し方は?

72373153
では、犬が脱走してしまった場合どうしたらよいのでしょうか?

ずっと家の中で買われている犬の場合、帰巣本能が薄れていることがあります。

ですから待つだけではなく、飼い主さんの積極的な働きかけが必要です。

一番可能性が高いのはいつも散歩しているコース、または連れて行ったことのある場所です。

いつも散歩で会う飼い主仲間さんの助けなどを借りることも必要です。

すぐに、保健所などの連絡しましょう。迷い犬を保護してくれていることが多いからです。
近影の写真と特徴など判別しやすい情報を開示して探しましょう。

交通事故にあう可能性や、連れ去られる危険もありますので、いないことに気づいたら、帰ってくるのを待つのではなくできるだけ早く探し始めてあげてください。

犬の脱走対策にできることとは?

72767542
まず、犬の運動量をしっかり確保してあげましょう。

毎日しっかり散歩で体を動かし、休日などはドッグランや広場で目いっぱい運動していると
家から出たいという欲望を押さえることができます。

次に、大切なのは、お座り、マテ、オイデ、など基本的なしつけです。

万が一犬が脱走しても、飼い主さんの声を聴き分け従うことができれば大きな問題にならずに済みます。

犬は本来ご主人さんに喜んでもらうことが大好きです。

散歩の時間以外にも犬と会話したり犬がいてくれて嬉しいんだよということを伝えておくことも大切です。

まとめ

犬が何度も脱走を試す場合、脱走の原因をしっかり見極め、対策を考えてあげることが大切です。

決してご主人さんやお家が嫌いということではないので、引き続き愛情をもって、長期的な働きかけになりますが、脱走しなくなるようにケアしてあげたいですね。

>> 飼い主さんとの信頼関係が強くなる散歩のしかた。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です