犬の反抗期って?時期はいつ?しつけはどうしたらいい?

210672610
犬にも反抗期があるんです。

人間の子供に似ています。

今までは素直に言うことをきいていたのに、きかなくなったり、吠えたり噛んだりしてきます。

せっかく覚えたトイレトレーニングも粗相をしたり、今までできていたことができなくなったりします。

スポンサーリンク

犬の反抗期って?

87197971
こんな態度が出てきたら反抗期の問題行動かも知れません。

【反抗期の問題行動例】
  • 名前を呼んでもしらんふり
  • 触ろうとすると噛む
  • 散歩で好き勝手に歩こうとする
  • くわえたものを離そうとしない
  • コマンドを聞かなくなった
  • ケージから出てこない
  • ハウスに入るのを拒否
  • 散歩中よそのひとに吠える

犬の反抗期は成長過程によるものなので、心配はありませんが、飼い主の対処にはいくつか注意点がありますので、心得ておくとよいでしょう。

犬の反抗期の時期はいつ?

自我が芽生えてくる4か月~7か月ごろが犬の反抗期です。

このころになると、自分が群れの中でどの位置なのか探るようになります。

どこまで自分のわがままが通るのか試しているようなものです。

ですので、飼い主がわがままを受け入れてやったりしていると、犬はどんどん偉そうになっていきます。

自分がボスだと勘違いをするのです。

犬に勘違いをさせないように、あくまでも人間が上だとわからせるようにしましょう。

それには、「しつけをきちんと行う」ことが大事です。

犬の反抗期のしつけはどうする?

225390043
犬が反抗的な態度で言うことをきかないとき、どうすればいいいのでしょうか。

そんなときは、「おすわり」などの指示を出して、その動作をさせましょう。

でも、反抗期だから指示に従わないですよね。

そしたら手で犬のお尻をおさえておすわりの姿勢をとらせます。

こうやって、人間に従っているというかたちをとることが、犬の勘違い防止になります。

いいよいいよ、という甘い態度では犬になめられますし、犬が自分のことをボスだと思ってしまうと、しつけどころではなくなります。

また、犬と接する家族全員が同じような態度で接するように家族内で相談し決めておいてください。

生後半年くらいの子犬は可愛くてついつい甘やかしてしまうことがあるかも知れませんが、それではのちのち大変なことになります。

毅然とした態度で接し、主従関係をしっかりと作りましょう。

まとめ

犬の反抗期は成犬になろうとしている証です。

飼い主はうろたえることなく毅然とした態度で犬と接してください。

反抗期のしつけ根気が必要になりますので、犬に試されていると思って、飼い主は堂々と威厳をもって接しましょう。

>> 反抗期の犬もこれをされたらいい子になる方法とは?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です