キャバリアの子犬の飼い方は?育て方は?しつけはどうする?

166365449
キャバリアは、正式名称を「キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル」と言います。

名前の由来は、「キャバリア=騎士」「キングチャールズ=イギリスの王様チャールズ2世が飼育していたから」「スパニエル=鳥猟犬」です。

スパニエルとついているのは、鳥猟犬から改良されたためで、キャバリア自体は愛玩犬です。

それを前提に、キャバリアの飼い方についてお話します。

スポンサーリンク

キャバリアの子犬の飼い方って?

80915929
まず、基本的なこととして食事は1日2回が目安ですが、これは成犬の場合で、子犬は1日3~5回に分け少量頻回が胃腸に負担をかけず良いです。

他犬種では与えすぎると下痢として症状がでますが、キャバリアはなりにくく分かりにくいので注意が必要です。

また、お手入れは、基本的にはカットを必要とせず、子犬期は被毛も短いので軽いブラッシングでOKです。

キャバリアの長く美しい被毛になるのは3年ほどかかります。

1歳を過ぎたころから被毛が長くなってき、もつれやすくなるので毎日のブラッシングが必要です。

また、キャバリアの飼い方で気を付けることは、耳のお掃除です。

キャバリアの特徴である大きく垂れた耳は、汚れやすく、放置すると臭いがしたり病気の原因になってしまいます。

耳の掃除は週に一度はしてあげましょう。

また、目がちょっとだけ飛び出ているので、目やにがたまりやすかったり、ゴミが付きやすかったりします。

こまめに拭いてお手入れしてあげてください。

お手入れを怠ると病気のもとになったり、涙やけが残ったりします。

キャバリアの子犬の育て方は?

185780453
キャバリアは、祖先に鳥猟犬を持っているだけあり、活発で運動が大好きです。

運動好きなキャバリアは、散歩も大好きです。

1日2回、15分以上お散歩に連れて行ってあげましょう。(子犬期はもっと短くてもかまいません。)

散歩の時間は、個々の体力によるので愛犬の様子を見ながら調節しましょう。

散歩から帰宅後、休んだり眠ったりするのが好ましい運動量です。

そして、注意しなければならないのが病気についてです。

一番気を付けなければならないのが、心臓の病気です。

キャバリアは遺伝的に心臓疾患にかかりやすく、キャバリアの約半分の死亡原因になっています。

心臓に負担のかかる肥満にならないよう注意し、ワクチン時など定期的に聴診を受けるようにしましょう。

キャバリアの子犬のしつけって?

キャバリアの性格は、陽気で遊ぶ事が大好き

また、他犬種や家族との協調性もあり、無駄吠え・噛みグセがすくないです。

そのため、しつけやすい犬種とされています。

犬を飼うのが初めての方にもおすすめです。

しかし子犬のしつけに言えることは、神経質にならずおおらかな気持ちでしつけを行うことが重要です。

トイレの失敗やいたずらなど、大声で叱りつけず、冷静に対処するためです。

人好きで甘えん坊の気質があるキャバリアに、頭ごなしに叱っては、温厚で優しい性格を失ってしまうことになりかねないからです。

賢いので、叱りつけるのではなく言い聞かせることできちんと理解が出来ます。

明るく社交的な犬種ですので、子犬のころから様々な人やものに触れさせましょう。

キャバリアは賢い犬なので、飼い主の事を理解しようとしてくれます。

飼い主が愛情を持って優しく接することで同じように愛情を返してくれることでしょう。

飼い主に従順、無駄吠えもしないし、遊び好きなのでなので、犬を飼いなれていない人にも扱いやすいでしょう。

まとめ

簡単ではありますが、キャバリア飼育について基本的な心構えをお伝えしました。

キャバリアという犬種をよく知り、また愛犬という”個”をよく知ることが一緒に生活していく家族として重要なことです。

スキンシップの大好きな犬種でもありますので、しっかり触れ合って絆を深めてくださいね。

>> キャバリアのしつけには、こんなスキンシップを。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です