子犬のパピートレーニングとは?犬の将来を左右?本や専門家もある?

142291096
子犬を家に迎える時、いろんな期待や不安があると思います。

だいたい2か月から4か月の間に子犬は新しい家族とご対面、子犬の側も不安や期待があるでしょう。

出会って、お家にやってきて一番大切な時期ですから万全の準備をしておきたいですね。

スポンサーリンク

子犬のパピートレーニングとは?

110264618
パピーとは子犬のことで、

子犬の時期にしかできないトレーニング「パピートレーニング」

と言ったりします。

パピーの時期の過ごし方は、犬の生涯を左右すると言われるほど大事な時期です。

生後5か月くらいまでの間に、どれだけいい犬やいい人と接することができたかで、犬の行動が変わってきてしまいます。

なぜかというと、生後5か月くらいまでの間が子犬の社会化の時期と言われており、犬同士での接し方や、これから暮らしていく人間社会へ慣れるチャンスだからです。

子犬には2つの社会化の時期があるとされています。

生後3~5週が第一次社会化期と言われ、親や兄弟と接することで噛む加減や犬同士の触れ合いの仕方を学びます。

生後14週くらいまでの時期を第二次社会化期と言って、人間に慣れたり、社会に慣れていったりする時期です。

この時期を過ぎてしまうと、成長に伴って好奇心よりも警戒心が発達してくるため、他の犬や人間に「慣れる」というよりも警戒吠えをするようになってきます。

ですから、

「パピー期にたくさんの人や犬と触れ合う機会を作って、人見知りや犬見知りをしないような犬に育てていくことが大事」

です。

飼い主とだけ過ごしていると犬の世界は狭くなります。

犬の好きな友人に遊びに来てもらったり、抱っこでお散歩に出かけるなどして、積極的に色々な人と会うようにすると、苦手なタイプの人ができないと言われています。

犬はパピートレーニングで決まる?

犬はとても感受性の強い動物です。

子犬の時期は特にそうだといえるでしょう。

ですから、怒られると恐怖心が根付きます。

そして、将来の問題行動にもつながりかねません。

パピートレーニングの基本は褒めること、というのも納得ですね。

トイレを教えたり、「マテ」「オイデ」などの簡単な動作を教えたりするわけですが、できないと怒るのではなく、できたことを褒めてあげる仕方が一番効果的です。

褒められることが好きな犬、飼い主さんにもっともっと褒めてもらおうとして、言うことをしっかり聞ける子に成長していきます。

パピートレーニングの本や専門家がいるの?

パピートレーニングには飼い主さんとの関係づくりも含まれます

信頼しあえる関係を作ることが大切ですね。

例えば口の周りや肉球、お尻などを触っても嫌がらない子にしておくと、病気になった時や、日々の健康ケアがずっとスムーズになります。

しかし、慣れていない飼い主さんが無理に慣らそうとすると「いやだ!」という思いだけが残り、人に触れられるのを嫌いになる可能性もあります。

まだワクチンが終わっていない子でも参加できる「パピーパーティー」に参加したり、パピートレーニングの専門家に教えてもらうなどして、子犬が上手に社会に溶け込めるよう助けてあげることはとても大切です。

パピートレーニングについて扱った本なども参考になるので、飼い主は積極的に勉強してパピートレーニングを実行しましょう。

まとめ

167067632
子犬の時期に社会になじめた子は、これからの長い犬生をたくさんの人に触れ合いかわいがってもらいながら暮らすことができます。

できない子はずっと孤独です。かわいそうですよね。

ですから、飼い主さんが積極的にパピートレーニングに取り組み、犬の生涯を形作ってあげましょう

子犬のしつけ、こんな間違いをしていませんか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です