犬の問題行動とは?原因は?しつけは?

ご存知ですか?
たった3つのことを実践するだけで、あなたの愛犬がとても良い子になることを。
実際のしつけの場面が動画で公開されています。
   ↓   ↓   ↓   ↓
>> テレビでも話題の犬のしつけ方。詳しくはこちら

117858019
飼い犬の問答行動のために、ペットホテルはおろか、ドッグラン、ペットカフェも利用をためらってしまうという飼い主さんは意外と多いものです。

お家にお客さんを呼ぶことができないほど重症な飼い犬もいます。

こうした問題行動の原因は何なのでしょうか?

スポンサーリンク

犬の問題行動とは?

犬の問題行動といっても一括りにまとめることができないほどいろんな行動パターンがあります。

そして、原因も様々です。

代表的な問題行動は、

  • とにかく吠えて吠えて吠えまくる「無駄吠え」
  • もう甘噛みのレベルではない本気に近い「噛み癖」
  • 自分のウンチを食べる「食糞」
  • ほかの犬を見かけるや駆け寄り「マウンティング」
  • 人でも物でも見境なく飛びつく「飛びつき癖」
  • お腹をすかせているわけでもないのになんでも口に入れる「拾い食い」
などでしょうか。

室内の家具やカーペットを噛んでめちゃめちゃにしてしまったり、わざと粗相することもあり、飼い主の生活にも影響が大です。

問題行動を抱えている犬は一つだけでなく複数当てはまるという傾向も見られます。

子供が不良になって親を悩ませるかのような犬の問題行動、飼い主は早めに手を打ちましょう

そうはいっても、怒っても叱っても犬がいうことを聞かないのが問題行動ですので、どうすればやめさせることができるのか、とても困っていることと思います。

飼い主はどう出ればよいのかを考えてみましょう。

犬の問題行動の原因とは?

263678594
犬の性格や行動には個体差があり、一概に決めつけることは難しいのですが、問題行動を抱える犬によく見られる共通点、それは

「飼い主との関係性」

だといわれています。

飼い主と犬の関係性が一種の問題行動を引き起こす原因になりうる、ということですね。

よく言われるのは、「①飼い主が甘やかすときと叱るときの一貫性がない」場合、犬は常に不安感を抱えることになり、噛み癖や吠えぐせ拾い食い、または自傷行為を始めることがあります。

「②飼い主が世話はするもののほとんどコミュニケーションを取らない」場合、ほかの犬や人に対して凶暴になるケースもよく見られています。

つまり、飼い主の犬に接する態度で犬の行動が変わってくるのですね。

犬の問題行動のしつけとは?

224801323
犬の問題行動に対して、今まで「しつけ」だと思ってやっていたことは効果がないかも知れません。

犬はそもそも飼い主さんに喜んでもらうことが大好きです。

逆に叱られるとつらいし怖いので委縮するようになり恐怖心から威嚇するようになります。

威嚇の代表例が、噛む、吠える、マウンティングですね。

また、飼い主さんと意思を通わせないストレスから横暴になったり、凶暴になったりします。

そこで、飼い主としてまずできることは

「①犬のストレスを取り除くこと」
「②犬と十分に意思を通わせる努力をすること」

です。

しつけとして厳しくしかるだけでなく、褒めることで何がいけない、何が正しいを教えることが大切です。

まとめ

犬の問題行動に向き合うには飼い主さんの多大の忍耐、辛抱が必要です。

しかし、犬はそもそも人間が大好きな動物です。

必ず、いつか気持ちが通じる日が来ます。

飼い主として確固としながらも十分に愛情を注ぎ、問題改善に取り組みましょう。

>> こんなに効果のあるしつけ方法があるなんて・・・。

犬のしつけ
ご存知ですか?
たった3つのことを実践するだけで、あなたの愛犬がとても良い子になることを。
実際のしつけの場面が動画で公開されています。
   ↓   ↓   ↓   ↓
>> テレビでも話題の犬のしつけ方。詳しくはこちら
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です