犬は留守中盗み食いをする?ごまかす?しつけはどうすればいい?

194124254
室内で犬を飼っていると、置きっぱなしにしてあるおやつや、食卓に乗っている料理を盗み食いしてしまうことがあります。

1度や2度なら可愛らしいのですが、うっかり食べてはいけないものを食べさせてしまっては大変です。

愛犬の盗み食いはどうすればいいのか?どんな時に盗み食いをするのか?

そんな疑問にお答えします。

スポンサーリンク

犬は留守中盗み食いをする?

室内で放し飼いにされている犬は、飼い主さんが出掛けている間、何でも自由にし放題です。

イタズラ好きや、好奇心旺盛な子の場合は特に要注意。

おやつの置き場所を知っていたり、テーブルなどに食べ物が置いてあると、必死になってそれを取ろうとするでしょう。

また、普段は大人しい子だと思っていても、留守番の時には、私たちが想像する以上のことをやってのける場合があります。

特に食べ物に関しては、本能的な執着心も強いのでしょう。

犬が盗み食いして食べ過ぎになる?

164884976
盗み食いされないように注意したいのが「ドッグフード」です。

仕舞ってあるドッグフードを引っ張り出して食べたり、戸棚に潜り込んで盗み食いしてしまうといったことが起こります。

なかにはテーブルの上に置いてあったドッグフードの試供品を何袋も一気に食べてしまった、という例があります。

普段の食事とは比べ物にならないくらいの量の食べ物をみつけて、とめどもなく大量に食べ過ぎてしまうこともあるようです。

その結果、下痢したり消化不良を起こすこともありますので、ドッグフードの保管場所には注意が必要です。

犬が盗み食いをごまかす?

272289926
盗み食いを見つけた飼い主さんの多くが目撃しているのが、盗み食いをごまかすワンちゃんの姿です。

犬はとても感情豊かな動物で、「怒られそう」と思っている時には、如実に態度に出ることがあります。

帰って来たら

・何だかおどおどしている
・目を合わせない

などという、いかにもな態度に出ることも多いそうです。

盗み食いに限らず、態度がおかしいと思う時には、何か悪さをしているのかもしれませんね。

犬の盗み食いのしつけはどうすればいい?

犬の盗み食いは、犬にとって危険なことがあります。

たとえば生肉を食べてしまい消化不良になったり、フライドチキンなどの骨の付いた鶏肉は、骨が割れやすく犬の口の中や咽喉に突き刺さることがあり、危険です。

盗み食いへの対処法は、

「目のつくところに食べ物を置かない」

というのが基本です。

犬から見えるところ、手の届くところに食べ物が無ければ、盗み食いの可能性は大きく下がります。

高いところに置いたり、食べかけのものは冷蔵庫にしまったりと、基本的なところから変えていきましょう。

ゴミ箱を漁ってしまうような場合には、フタ付きのゴミ箱に変え、犬には近寄らせないようにしておくのが得策です。

また、普段から人間用の食べ物を与えてしまっている場合には、それを控えるようにしましょう。

「自分のご飯やおやつ」と「人間の食べるもの」がイコールになってしまっているので、わざわざ盗み食いをするのです。

犬の食べ物と人間の食べ物は違うということを、しっかり教えてあげて下さい。

まとめ

ワンちゃんの盗み食いはよくあることですが、だからといって放っておくのは危険です。

必死になりすぎて怪我をしたり、誤飲をしてしまうことも少なくありません。

愛犬を危ない目に遭わせないためにも、日頃からきちんとしつけましょう。

>> ワンちゃんの盗み食いを直すのはこんなに簡単。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です