犬の爪切りって痛いの?コツはある?血が出たらどうすればいい?

149680796
愛犬がじゃれついてきた時、抱っこをした時などに、「痛い」と思ったことはありませんか?

もちろん、噛まれたわけではありません。

ワンちゃんの足の爪が引っかかったり、こすれたりして痛みを感じるのです。

そんな時には人間と同じように、ワンちゃんにも爪切りが必要です。

外飼いの犬や、散歩を充分にさせている犬だと、爪は自然に擦り減っていきますが、室内犬や、あまり運動できていない犬には、時々チェックをしてあげて下さい。

スポンサーリンク

犬の爪切りって痛いの?

人間が自分の爪を切っても痛くないように、犬の爪も、普通に切る分には全く痛くありません

とはいえ、深爪をしてしまったり、間違えて身を挟んでしまったりすると痛いですよね。

犬の場合は、更にもう一つ、気を付けるべきことがあります。

犬の爪は人間のものと違って、血管や神経がある部分まで切ってしまいやすいのです。

試しに、愛犬の爪をじっくり見てみて下さい。

人間の感覚ではかなり長く、切っても大丈夫な範囲が多いように感じるでしょう。

ですが、肉から離れて飛び出している部分を全て切ってしまうと、確実に出血してしまいます。

犬の爪切りにコツはある?

24701896
血が出たり、痛い思いをさせるかもしれないと考えると、犬の爪切りはなかなか難しそうですよね。

では、具体的にはどうすればいいのでしょうか。

愛犬が白い爪をしている場合、爪切りは比較的簡単です。

明るいところで確認すれば、血管が薄く透けているのが見えるからです。

その場合は、血管の通っていない部分を1~2ミリ程度残し、それ以外の部分を切りましょう

黒い爪の場合は、中身が見えないので一気には切らず、少しずつ切り進めていって下さい。

神経や血管が通っている部分に近づくと、爪はしっとりしてきて、切った時の感覚が変わります。

また、爪の断面、真ん中辺りに白っぽい点のようなものが見えてきたら、そこでストップするようにして下さい。

犬の爪切りで血が出たらどうすればいい?

万が一血管を切ってしまった場合には、そのままではなかなか血が止まりません。

そのため、事前に止血剤を用意しておくのがおすすめです。

止血剤は、ホームセンターや動物病院、通販などで手に入れることができます。

圧迫止血や、小麦粉を水で練ったものを付けるなどという方法もありますが、出血が酷い時、どうしていいか分からない時には、病院に連れて行けば対応してくれます。

まとめ

313682420
今回は、飼い主さんがお家で切る方法を紹介しましたが、自信が無い、やっぱり怖いという方も多いのではないでしょうか?

不安な場合は、トリマーさんや動物病院に頼んでやってもらうこともできます。

放っておくと爪が折れたり、身体を掻いた時に犬自身が怪我をしたりすることも有り得るので、きちんとケアしてあげましょう

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です