犬の耳掃除は簡単?綿棒でしてもいいの?頻度はどのくらい?

196439591
犬の耳のお手入れは大切なケアの一つです。

たれ耳の犬の場合は臭いがしやすいので日頃から気を付けてあげる必要があります。

また、餌を変えたら耳垢や目やにが溜まりやすくなった、なんてことも起きるんですよ。

日頃から愛犬の様子を見守り、耳垢はそのままにせず、きちんとお手入れしてあげましょう。

今回は、犬の耳掃除のやり方やよくある間違いについてお伝えします。

スポンサーリンク

犬の耳掃除は簡単?

なんだか臭うなと思ったら、耳掃除してみたら真っ黒だった!なんて事が起きるまえにケアしてあげましょうね。

犬の耳掃除を放置していると炎症を起こしたりします。

なにかのついでに病院でやってもらおう、と考えているとどんどん耳垢がたまってしまったりするので、できるだけ飼い主が日頃からケアしてあげたいものです。

病院で獣医さんがやっているのを見ると、簡単そうに見えるのですが、自分でやろうとすると意外に難しかったりします

犬の耳はとてもデリケートなので、

「やり方を間違えて傷つけてしまわないよう注意が必要」

です。

犬の耳掃除を綿棒でしてもいいの?

302157887
犬の耳掃除に綿棒を使うことはNGとされています。

なぜなら、耳が傷付く恐れがあるからです。

奥まで入れ過ぎてしまうこともあり、よくありません。

犬の耳を掃除するときは、綿棒ではなく「洗浄液」を使います。

獣医さんから点耳薬を処方されることもありますよ。

犬の耳に液体を入れるわけなんですが、もちろん嫌がる子もいます

そんなときにおススメの方法は、女性のお化粧用のコットンに洗浄液を浸して、犬の耳の中をマッサージするようにしてあげます。

そうすると薬がいきなり耳に入って驚くこともないですし、少しづつ薬が中に入っていきますので、嫌がられずに耳掃除ができますよ。

少しづつ慣らしていくことが大事です。

液を耳の中に入れてくちゅくちゅともんで、犬がぶるぶるっと自分でふるって水けを飛ばす、というやり方をしている人もいます。

耳掃除をするときは、飼い主は堂々と断固とした態度でささっと終わらせましょう。

飼い主がおどおどしたりためらっていると、犬が不安になり掃除しにくくなります。

犬の耳掃除の頻度は?

163638551
耳掃除の頻度はどのくらいしてあげればいいのでしょうか。

1週間~2週間に1回くらい、

毎日汚れだけ拭いてあげるという飼い主もいます。

実は、犬種によって耳の汚れやすさが違ってきます

長毛種という毛の長い種類は、耳が湿気で蒸れたり細菌が繁殖しやすかったりして、耳がよごれやすい犬種です。

ダックスフンド、マルチーズ、プードル、シーズーなどが長毛種です。

長毛種のワンちゃんの場合は、液を使ってのお掃除は週2回してあげるのがよさそうです。

ただしキレイ好きの飼い主さんは、過剰に耳掃除をしすぎないように気を付けてくださいね。

犬の耳はデリケートですので、やりすぎは禁物です。

まとめ

日頃から飼い主が耳のケアをしていてあげると、病気の予防や不調の早期発見にもつながります。

耳掃除を習慣づけることをおすすめしますよ。

これでしつけをすると、耳掃除も嫌がらない犬になります↓
>> しつけの基本はタッチング

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です