犬の散歩をいつからはじめる?時間はどのくらい?マナーは?

134214782
新しい家族として犬がやってくる、というのはお互いにとってとっても嬉しい変化です。

家の中で元気に転げまわる子犬を見ていると早くお外に連れて行ってあげたいなと思いますね。

でも、お散歩が犬にとって楽しい時間になるかどうかは飼い主さんの準備とおおきな関係があります。

お散歩前に知っておきたいマナーや散歩の仕方をお伝えします。

スポンサーリンク

犬の散歩をいつからはじめる?

初めてのお散歩にはどんなタイミングで連れて行ってあげるといいのでしょうか。

ペットショップの店員さんや、ブリーダーさんが「最後のワクチンを打ち終えてからにしてください」と言っていたと思います。

動物病院では、2回もしくは3回に分けてワクチン注射を打ってくれます。

だいたいにおいて、生まれてから15週と少しで最後のワクチンが終わります。

しかし、すぐにお散歩というのは危険です。

というのも、ワクチンを接種してもすぐにはまだ抗体ができていないからです。

ワクチンを打ち終えて5日後を目安としましょう。

それまでは、お散歩の練習としてハーネスとリードをつけてお家の中や庭などで飼い主さんと一緒に歩く練習をしておきましょう。

犬の散歩の時間はどのくらい?

206531548
初めてのお散歩、犬も飼い主さんも待ちに待った日です。

しかし、気を付けたいのが時間です。

初めは5分くらいで十分です。

長すぎると子犬が疲れてしまうからです。

その後、慣れてくるにしたがって少しずつ時間を延ばしていきましょう。

成犬の散歩時間、大体の目安は朝夕2回散歩に連れていく環境として、チワワなどの超小型犬で1回10~20分です。

小型犬で15~25分、中型犬で30分くらい、大型犬で50分程度必要です。

朝夕、だいたい決まった時間に散歩に行くことができれば、犬も規則正しい生活になりストレスを軽減できます。

犬の散歩のマナーとは?

158350871
お散歩前に知っておきたいマナー、ぜひチェックしておいてください。

散歩に行く前に、万が一他の人や犬を噛んでしまうかもしれないことを考慮に入れて予防接種、狂犬病の注射を受けておきましょう。

最低限のこととして、リードウォーク、マテ、オスワリ、など飼い主さんの指示を聞くことができるようにしておくと車道脇などを歩くときに安心です。

水を入れたペットボトルと、うんちを取る用の袋やスコップなどを持っていき、おしっこをしてしまった場合は水で流しウンチをしてしまった場合は必ず持ち帰って捨ててください。

世の中には犬が嫌いな人、犬が怖い人もいるということも忘れないようにしましょう。

まとめ

たいていの犬はお散歩が大好きになります。

それで、お散歩に行けない日が続くと犬にとってはとても大きなストレスになります。

飼い主さんの事情もありますが、どうしても連れて行ってあげられない日が続くときは代行業者にお願いするなどの方法を考えて、できるだけ犬がストレスをため込まないようにしてあげたいですね。

はじめてのお散歩はドキドキですが、準備万端にして楽しみにその日をお迎えくださいね。

犬も幸せ!これで上手にお散歩が出来る様にしてあげましょう↓
>> お散歩の基本はリーダーウォークから

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です