犬が掘る真似をするのはなぜ?床や布団でしているしぐさは?ストレスから?

3
様々な動物が穴掘りをするように、犬たちも地面を掘ることがよくあります。

愛犬が庭の土を掘ったり、犬小屋の下を掘ったりすることはありませんか。

室内の床や布団を掘るしぐさをすることもあります。

屋外で音が響く場合は近所迷惑が気になりますし、家の中で布団やシーツをガリガリされるのも困ってしまいますよね。

「ほりほり」は可愛らしくもありますが、場所によっては迷惑だったりもしますよね。

そもそも「掘る」という行為は、何故やっているのか?どんな気持ちなのか?

意外と知らない「ほりほりのワケ」をまとめてみました。

スポンサーリンク

犬が掘る真似をするのはどうして?

54843535
実は犬は、元々巣穴を作って生活する動物

地面に穴を掘ってくぼみを作り、そこで出産や育児をしていたのです。

その習性が残っているのか、外飼いされている犬では特に、自分で掘った穴の上でくつろいでいる光景をよく見かけます。

すっぽり収まるほどの大きさではなくても、自分だけの居場所を作れば、心はなんとなく落ち着くのでしょう。

また、遊びの一環であったり、大切なおもちゃや食べ物を隠そうとして穴を掘ることもあります。

これらは土のあるところだけでなく、室内でも行おうとするので、結果的に「掘る真似」になってしまうんですね。

犬が掘るしぐさを床や布団でしている?

先程お伝えした通り、犬が地面を掘ろうとするのは自然なことです。

室内で飼われている場合、カーペットやフローリングなど、穴ができるような場所でなくとも、一休みしたり、眠る時に使う「お気に入りの場所」を掘ろうとします。

室内で布団やカーペットを掘るしぐさをした後、そこで寝たりしていませんか。

おそらく寝床を作っているつもりなのでしょう。

ですが、カーペットをボロボロにされたり、ソファーをずたずたにされたりしてしまっては困りますよね。

そういった場合、ふかふかの犬用ベッドや、中に毛布などを入れたハウスを与えてあげましょう

掘られては困るものを「ほりほり」されてしまった時も、掘っていることを怒るのではなく、「そこに座ってはいけない」「それに触ってはいけない」ということを、教えてあげるのがおすすめです。

犬が掘るのはストレスによる行動?

283482104
巣穴を作ろうとしている時、遊んでいる時などの他にも、飼い犬が掘るようなしぐさを見せることがあります。

無意味に何度も繰り返している場合は、不安やイライラを紛らわせるため、といった理由が考えられます。

周りの人にかまってもらえなかったり、何か嫌なことや怖いことがあったり……。

厳しく怒られた直後や、運動不足の時についついやってしまう子もいるようです。

掘る行動でストレスを発散しているのです。

この場合は掘るのをやめさせると、よりストレスに繋がってしまうおそれがあります。

まずは愛犬の気持ちを考え、ストレスの原因を取り除いてあげるようにして下さい。

一緒にたくさん遊んであげたり、ドッグランなどに連れて行って思う存分走らせて上げたりすることで、運動不足解消にもなりますし、イライラも発散されます。

また、暑い日に庭に穴を掘って中におしりを付けたり寝そべって涼んでいることもあります。

こういう場合は涼しい場所に連れ出してあげるとよいでしょう。

まとめ

犬種や年齢によっても差はありますが、「ほりほり」はほぼ全ての犬が自然と行うことです。

無理に禁止せず、掘ってもいい場所やものを与えてあげることを優先しましょう。

叱らず、上手に問題行動を直してあげたいなら↓
>> 犬のしつけでこんな間違いをしていませんか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です