犬の気持ちはしっぽで分かる?耳にも出る?鳴き声から分かる?

1
可愛い愛犬の気持ちを知ることが出来たら、もっと楽しいし仲良くなれるのに、と思ったことはありませんか。

犬は言葉をしゃべることが出来ませんが、何かを表現しているときってありますよね。

よく「犬の気持ちはしっぽで分かる」と言われます。

犬にとって、しっぽは大事なコミュニケーションツールです。

同様に、耳の動きや鳴き声からも、何を思い、考えているのかを知ることができます。

スポンサーリンク

犬の気持ちはしっぽで分かる?

犬の気持ちが一番分かりやすいのは、やはりしっぽをぶんぶんと振っている時でしょう。

一般的に言われている通り、犬は嬉しい時、喜んでいる時にしっぽを振ります。

反対に怯えたり、自信のない時には、しっぽを低く下げ、後ろ足の間に入れるのです。

では、犬がこちらを見てしっぽを振っている時は、歓迎されていると取っていいのでしょうか

答えは意外にも「NO」です。

たとえば、威嚇や牽制の意思がある時、高い位置で小刻みにしっぽを振ることがあります。

また、水平にゆっくりと振られている場合は、不安やどっちつかずの感情を示しています。

犬の気持ちは耳にも出る?

117069988
しっぽに続いて、犬の気持ちを読み取りやすいのがです。

犬は人間よりずっと優れた聴覚を持っているので、周りの音をしっかりとキャッチし、ことあるごとに耳で反応します。

耳がピンと立っている時は、何かに注目したり、注意をしている時です。

立てたまま前方に傾いていれば威嚇であり、表情も険しくなっているでしょう。

耳が後ろに倒れている、頭にぴったりとついている時は、服従(甘え)か不安(怯え)のどちらかです。

判断が難しい時もありますが、表情や態度で見分け、怯えているようなら安心させてあげましょう。

犬の気持ちは鳴き声から分かる?

そして、犬にとってのもう一つのコミュニケーションツールが「鳴き声」です。

基本的に低い声は攻撃的で、高い声で鳴く時には、友好的な感情を表すと言われています。

ご飯やおやつを待っている時に出す高い声は、おねだりであったり、期待の気持ちからです。

遊んでいる時に吠えるのも、「早く!」「遊ぼう!」という意志表示でしょう。

甘えたい、仲良くしたいという感情を込めて、キュンキュン、クーンと高く鳴くこともあります。

逆に、低く唸ったり、低い声で吠えたりするのは、ほとんどが怒りの感情を示します。

身構えるようなポーズで姿勢を低くしたら、犬を刺激しないようにしましょう。

まとめ

言葉で話すことができなくても、表情や態度を見ていれば、犬の気持ちはなんとなく伝わります。

同じように人間の気持ちも、犬たちに伝わっているのです。

だからこそ、裏表なく素直に接し、素直な犬たちの気持ちを汲み取ってあげられる、よきパートナーを目指したいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です