犬の病気がおしりをこするしぐさからわかる?愛犬のシグナルを見逃さないで


愛犬がおしりを床にこすりつけている・・・思わず笑ってしまうようなしぐさですが、それは愛犬からのシグナルかも知れません。

スポンサーリンク

犬のお尻ってどうなってるの?

犬の肛門には肛門腺という分泌液を出す器官があり、それを溜める器官として肛門の4時と8時の位置には肛門嚢という分袋状の器官があります。

通常、この肛門嚢に送られた分泌液は排便時などに肛門括約筋のちからで排出されます。

この分泌液はいわゆるマーキングのためのもので、濃緑~黒色でサラサラしたものからドロッとしたものまで個体差があります。

肛門嚢炎ってどんな病気?


肛門嚢内にある分泌液が、肛門括約筋の低下や排出口の詰まりなど、なんらかの原因で排出されなくなると肛門嚢中に溜まってしまい、細菌が繁殖し炎症を起こしてしまいます。

この状態を「肛門嚢炎」といいます。

肛門嚢に炎症が起きることから、かゆみでおしりを床にこすりつけるといった行動を起こすのです。

他にも、おしりを舐める、しっぽを追うようなしぐさを見せることもあります。

排泄の力が弱い小型犬や、高齢犬に多く見られる病気です

肛門嚢炎の予防方法は?


予防としては、定期的に「肛門腺絞り」をすることです。

方法は、肛門の4時と8時の位置に指を置き、肛門に向かって絞り出すようなイメージで行うと排出されやすいです。

しかし、これにはコツが必要で炎症を起こしているときは痛がったり、最悪には肛門嚢が破裂してしまうことがあるので、症状が見られているときは動物病院で処置してもらいましょう。

そして肛門腺絞りの方法を教えてもらうとよいでしょう。

普段はシャンプーの時などおしりを洗える状態で行うのをおすすめします。

難しい場合は、動物病院やトリマーさんにお願いするのもよいでしょう

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です