犬に保険は必要?治療費への備えと事故への補償を検討しよう


知っておられる方も多いとは思いますが、動物病院は自由診療のため動物病院によって料金が異なります

そして、人が医療機関を受診する場合とは異なり全額負担です。

そのため、動物病院で入院や手術などの治療を受けると10万円を超えることは少なくありません。

また、入院・手術がなくとも、通院で検査や治療を受ける場合も1回の受診で1万円を超えることも多いです。

スポンサーリンク

ペット保険は必要?


いざというとき、お金がなくて愛犬を動物病院に連れていけないというのは悲しいことです。

そのために、ペット保険に入っておくことが必要です。

もちろん、金銭的に余裕があり必要ないという方もいらっしゃいますし、愛犬が病気になるとは限らないのに月々の保険料を払うのはためらわれる、という方もいらっしゃるでしょう。

そこは人の医療保険と同様に考えてもらってかまいません

転ばぬ先の杖として、いざという時のための備えが保険の役割です。

加入するのに必要な条件は?

ただし、ペット保険に加入するには条件もあり、若齢で健康な犬であることがほとんどです。

病気になってからは保険に入れないことが多いのでよく考慮して決断してください。

治療費の負担以外にも


ペット保険には様々な会社があり、会社ごとに補償内容やサービスも異なります。

例えば愛犬が他人を噛んでしまったときの補償や、物を壊してしまったときの補償が付いているものもあります。

必要ないと決めつけずに様々なペット保険会社の補償内容や料金を比較検討してみて下さい。

そのうえで、愛犬にペット保険が必要かどうかご家族でよく相談してみて下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です