犬の入院費用はどのくらい?~病院とのトラブルを避けるために


愛犬に入院が必要となったとき、とても心配になりますね。

と同時に費用のことも気になってしまうものです。

スポンサーリンク

費用は明確にするのが大事

愛犬が病気やケガで苦しんでいるのに費用のことを聞くなんて・・・と思っている飼い主さんもおられると思います。

しかし、費用は明確にしておくことが大切です。

検査や処置・治療方法の説明を受け、費用にも納得したうえで預けなければなりません。

でないと退院時にトラブルになりかねないからです。

犬の入院費用はどのくらい?


入院費はどんな病気やケガでどのくらいの期間、検査の有無や薬の種類などによって大きく異なります

手術を受けるのかどうかでも全く変わってきます。

一般的な入院費は、次の通りです。

  • 一泊:2000~5000円ほど
  • 検査(1回):5000~10000円
  • 薬(1日):1000~3000円

この他に必要な処置や手術などがあればそれも加わり、やはり高額になっていきます。

事前に治療費の確認を

病気やケガの種類や小型犬と大型犬などでも費用は違います。

事前にどのくらいかかりそうか聞いておきましょう。

入院が決まったその日でも、おおまかな費用は確認することができますし、入院中も今どのくらいかかっているか聞くことが出来ます。

退院時に高額な治療費を支払うことが出来ないなど、病院側とトラブルにならないためにも、費用は事前に確認したり病院スタッフへ相談しましょう

場合によっては、検査を減らしたり薬をジェネリックのような安価なものに変えてもらったりと対応してもらえる場合もあります。

納得いかない場合は?


もちろん、飼い主さんが納得できなければ入院を拒否することも可能です。

通院のみの治療にしたり、セカンドオピニオンとして他の動物病院に移るという選択もあります。

ただし、愛犬の命や健康に関することなので慎重に考えたうえで決断してくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です