犬がぐったりしてよだれを出している!もしかして熱中症!?


愛犬がぐったりして、よだれを大量に流しているという場合は、熱中症の可能性があります。

犬は全身を被毛で覆われ熱がこもりやすいことと、汗をかいての体温調節が出来ないため、もともと暑さが苦手な動物です。

熱中症は、体内に熱がこもり、水分などのバランスが崩れ機能不全を起こすことです。

最悪、死の危険もある恐い病気です。

スポンサーリンク

熱中症にかかりやすい条件は?


次のような犬種は特に注意が必要です。

  • パグやフレンチブルドッグなどの短頭種
  • ピレニーズなどの寒冷地原産の犬種
  • 肥満犬
  • 子犬
  • シニア犬
  • 大型犬

5月中旬~10月がなりやすいとされている時期ですが、愛犬が興奮することなどからでも起こるため注意が必要です。

高温多湿・風通しが悪い・急激に暑くなる場所(寒暖差の激しい場所)などでなりやすいです。

熱中症の症状は?

熱中症にかかると次のように症状が進んでいきます。

熱中症の症状(下に行くほど重症)
・体が熱くなる
・呼吸が荒くなる
・口を開け舌を出している
・よだれが大量にでる
・嘔吐する
・ぐったりする

症状が進んでいき悪化すれば意識を失って死亡することもあります。

熱中症の対処方法は?


症状がみられたらすぐに、愛犬を風通りの良い涼しい場所へ移動し、意識があれば冷たい水を飲ませましょう。

また、保冷材などをタオル等でくるんだものをワキや内股に挟んで体を冷やしていきます。

ただし、愛犬を冷水につけたり氷水をかけるなどはショック状態を引き起こすこともあるのでやめましょう。

そして、すぐに動物病院へいきましょう

愛犬が落ち着いたように思えても、脱水していたり後々に障害が出てくるかもしれませんので受診をおすすめします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です