犬がぐったりして息が荒いのは心臓病かも?症状の見分け方は?


愛犬がぐったりとしていて、呼吸が荒いことがある・・・これは重度な病気の可能性があり、考えられる病気の一つとして心臓の病気があります。

心臓はポンプのように血液を全身に送るという役割をしています。

この心臓のポンプ機能が低下し、酸素や栄養を含んだ血液を全身に送れなくなることを心不全といいます。

スポンサーリンク

心不全の原因となる僧房弁閉鎖不全症ってどんな病気?


心不全を起こす原因として犬で一番多いのが「僧房弁閉鎖不全症」という病気です。

これは心臓にある血液の逆流を防ぐためにある弁のひとつである僧房弁がうまく働かなくなってしまう病気です。

この心臓の病気にかかりやすい犬種は、シニア犬、小型犬種といわれています。

僧房弁閉鎖不全症の症状は?

進行によって、次のような症状が表れます。

進行別 僧房弁閉鎖不全症の症状
【初期】
・呼吸が乱れやがち
・どことなく元気がない
・すぐに疲れる
・寝る時間が増えた

【軽度】
・散歩に行きたがらなくなった
・食欲の低下
・運動後や興奮時に呼吸が乱れる

【中等度】
・動くのを嫌がるようになった
・食欲がない
・咳が出るようになり呼吸困難な状態の時がみられる

【重度】
・動きたがらない
・食欲がない
・安静時でも呼吸困難がみられる
・腹水が溜まる
・失神する

病気の進行によって症状は深刻になり、重度のころには肺水腫(肺に水が溜まる病気)など合併症もみられるようになります。

僧房弁閉鎖不全症の治療方法は?

治療は、心臓を楽にする薬を毎日飲み続けることです。

状態に応じて、利尿剤や気管支拡張剤、鎮咳薬なども使用されます。

定期的な健康診断で早期発見を


診断は、状態を詳しく調べるため超音波検査や心電図なども行われますが、聴診によって見つけることが出来ます。

そのため、定期的な健康診断をすることが早期発見につながります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です