夏の犬の体力低下に気を付けて!愛犬を守るための環境とは?


汗をかいての体温調節が出来ない犬にとって、夏は苦手な季節といってもいいかもしれません。

夏場の暑さや不快に感じる湿度が長期に続くと、愛犬は日に日に体力を消耗してしまいます。

精神的なストレスもかかり、体力低下とともに免疫力も低下してしまい、食欲不振や嘔吐や下痢などを引き起こすこともあります。

スポンサーリンク

夏バテに注意


暑さに対する強さは犬種や個体差がありますが、湿度の高くなる梅雨時や、熱帯夜が続く真夏には”夏バテ”してしまう愛犬が多くいます。

夏バテは、年齢や体格にかかわらずどんな犬でも起こりえます

愛犬を守るための環境とは?


危険な暑さや湿度から愛犬を守るために、整えたい環境についてお伝えします。

温度

気温24~27℃の直射日光が当たらない場所。

冷房を効かせすぎるのも体調を崩す原因となるため注意が必要です。

多少は気温が高くても風通りが良ければ快適に過ごせます

湿度

50~60%の風通しのいい場所。

ハウスの場所

室内の場合は窓際を避けて、エアコンの風が直接当たらない場所。

外飼いの場合は直射日光が当たらない北側でなるべく風通しの良い場所。

ただしエアコンの室外機の周りは熱が放出されているので注意してください。

飲み水

新鮮で冷たい水をたっぷりと用意し、いつでも飲めるようにしておきましょう。

給水ボトルよりも水飲みボウルが好ましいです。

外飼いの場合は水飲みボウルを日陰に置くようにしてこまめに取り換えましょう。

まとめ

暑さ対策をすることで、夏の愛犬の体力低下を防ぎましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です