犬の体臭の対策方法は?毎日できるケアで臭いを防ごう


愛犬の体臭にはいくつかの原因がありますが、今回は皮膚表面からくる体臭対策についてお伝えします。

愛犬の皮膚表面の臭いは、愛犬の全身にあるアポクリン腺という汗腺とから出る汗と皮脂が空気に触れて酸化し、雑菌が繁殖することが原因となって起こります。

これを防ぐためには、やはり清潔を保つことがいちばんです。

スポンサーリンク

ブラッシングを毎日行いましょう


ブラッシングには被毛のもつれをほどく以外にも、散歩の時などに付着したほこりや花粉、小さなゴミや汚れを取り除く効果があります。

そのため散歩後などに毎日行うのが好ましいです。

定期的にシャンプーを行いましょう

汚れを洗い流すことの出来るシャンプーはとても効果的です。

ブラッシングで大まかな汚れやゴミなどを取り除いた後に行いましょう。

リンス剤を使用するとほこりなどが付きにくくする効果もあるためおすすめです。

ただし、シャンプーはしすぎると皮膚に必要な皮脂までも奪ってしまい、かえって悪化させたり皮膚の健康を損なうことがあるので注意しましょう。

シャンプーは月に1~2回程度がおすすめです。

耳や目の周りのケアをしましょう


耳垢が出て汚れていたり、目やにや涙やけで目の周りが濡れていると雑菌が繁殖して臭っていることもあります。

汚れがないか確認し、耳掃除をしたり、目の周りを拭くなどのケアをしましょう。

耳や目の周りはデリケートなので化粧用コットンを使うなどして優しく拭ってあげましょう。

ゴシゴシと強くしてしまうと傷や炎症を起こしてしまい悪化させることがあるので注意してください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です