犬の体臭の原因って何?病気の場合もある?


なんだかうちのコ臭い!?

シャンプーしてるのになんで?

と悩まれている飼い主さんも少なくありません。

愛犬の体臭にはいくつかの原因があります。

スポンサーリンク

臭いの原因は汗?


まずは皮膚表面からの臭い。

愛犬の汗腺には、「エクリン腺」「アポクリン腺」と2種類の汗腺があります。

エクリン腺は、運動後などに出るサラッとした汗が出る腺で、体温調節のため人には全身にありますが愛犬には足の裏にしかありません。

犬の体温調節はパンティングと呼ばれる舌を出しての速い呼吸で行われます。

アポクリン腺は、ベタッとした臭いのある汗を発します。

人では脇の下にでる汗がこれにあたります。

愛犬の場合はこのアポクリン腺が全身にあります。

また、アポクリン腺は皮脂腺とつながっているため、皮脂を含んだ汗となります。

この汗と皮脂が空気に触れると酸化し、雑菌が繁殖して体臭になるのです。

耳・目・口の臭いを確認してみよう


つぎに、耳や目、口からの臭い。

体臭と思っていたのは、耳や目また口から強く臭っていたということもあります。

耳だれや外耳炎をおこしていたり、目やにや涙やけがあると、目の周りの被毛が濡れていて菌が繁殖し臭っていることもあります。

また口は歯石が溜まっていたり、歯周病があると強く臭います

そして、腸内環境の悪化も体臭の原因となります。

油分が多いフードや消化の悪い人間の食べ物を与えていたり、または強いストレスがあったときなども腸内環境が崩れ腸内に悪玉菌が増え、臭いが強くなります。

愛犬の体臭を強く感じたら、耳や目、口を確認したり、食事内容や愛犬にストレスのかかることが無かったかなど確認してみましょう。

場合によっては動物病院を受診することも大切です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です