犬の口臭の原因は病気?簡単チェックの方法とは?


愛犬の口臭にはいくつかの原因が考えられます。

まずは、歯の汚れや歯周病などの口の問題、与えている食べ物の問題、そして病気の可能性もあります。

スポンサーリンク

口臭の原因をチェックしよう

口臭の原因が、口からなのか体の中からなのか・・・まずは、そこをチェックしてみましょう。

チェックの方法はとても簡単です。

ガーゼやハンドタオルなどで愛犬の歯を拭ってみてください

拭ったものが臭えば、口臭の原因は口内ですし、そうでなければ体の中からの臭いということです。

口臭の原因が口内の時は?


臭いのもとが口内の場合は、口内環境を整える必要があり、歯磨きなどのデンタルケアが必要です。

愛犬は自分で歯磨きすることは出来ませんので、飼い主さんの協力が大切です。

口臭の原因が体の中の時は?


もし口臭が体の中からきているのであれば、食べ物の問題か病気を疑いましょう。

食べ物が原因の場合は、与えているドッグフードや食べ物の油分が多かったり、消化が悪いもの(例えば犬にとって消化しにくい穀物など)であると、消化不良を起こして口臭が強くなることがあります。

また、食べ過ぎの場合にも消化不良を起こしていることがあるので注意が必要です。

ドッグフードの成分や与えすぎていないかなど確認してみましょう。

また、病気の場合、胃の働きが悪かったり、腎臓病や糖尿病、尿毒症または消化器系のガンなどのときに口臭が強くなることがあるそうです。

まとめ

急に口臭が気になるようになったり、いつもと臭いが違う、臭いがきつくなったなど感じたら、動物病院での健康診断を受けてみることをおすすめします

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です