犬がリードを嫌がる時はどうする?噛むのはどうして?選び方は?

0713
愛犬との散歩にかかせないリード(引き紐)。

リードは飼い主と愛犬の安全のために必要なものです。

必ずつけなければいけないものですが、リードに関するトラブルは数多くあります。

スポンサーリンク

犬がリードを嫌がる時はどうする?

子犬など、散歩慣れしていない時に陥りやすいのが、「リードを嫌がってつけてくれない」という状態です。

ドッグランや家の庭ならノーリードでも問題ありませんが、普段のお散歩ではそうはいきません。

まずはきちんと慣れさせて、必ずリードをつけるようにしましょう。

リードに慣れさせるためには、いきなり装着せずに、まずは「イヤなもの」だと思わせないようにすることが大切です。

遊んでいる時に近くに置いて触れさせてみたり、リードを持った状態でおやつを与えたりしてみて下さい。

リード以前に首輪やハーネスが苦手な場合は、同じく慣れさせることから始めましょう。

犬がリードを噛むのはどうして?

196705037
リードをつけられるようにはなったものの、散歩中にリードを噛んでいる……そんな話もよく聞きます。

これにはいくつかの理由が考えられますが、まず一つは、飼い主との主従関係ができていないということです。

飼い主がしっかりとしたリーダーであれば、犬はきちんと従ってくれます。

まずは人間が上だと分からせた上で、リードを噛んだらすぐに叱り、放した時には褒めてあげて下さい。

もう一つの理由は、強いストレスです。

リードをつけていること自体が苦痛だったり、引っ張られるのが嫌だったり……この場合は強く叱らず、どうしたらストレスを減らせるかを考えてあげましょう。

犬のリードの選び方は?

0713-2

散歩が上手くいかない時には、別のリードに変えてみるのも方法の一つです。

短い方が楽そうに見えますが、常にピンと張り詰めている状態では、犬への負担が大きくなってしまいます。

ワンちゃんの体格に合わせて、余裕のあるものを選びましょう。

また、リードの太さや素材は、実際に手にした時の持ちやすさも考えて選ぶのがおすすめです。

犬のリードにはいろいろな種類があります。

まず、リードを付けるための道具として首輪があり、下記のように分けられます。
ベルト式
チョーク
ハーフチョーク
ハーネス
マズルカラー
首輪の材質として
金属

ビニール

があります。

チョークはしつけのために締め付けができるようになっている首輪です。

ハーフチョークはチョークよりも締め付けが弱いものを言います。

ハーネスは胴体部分を支えるタイプのものです。

マズルカラーは口輪のことです。

犬のリードで伸縮するタイプは危険?

最近では、手元で長さを変えられるリードも人気ですが、引っ張り癖の強い子の場合、伸縮性の高いものは避けて下さい。

伸縮できるリードは、小型犬の飼い主が使う傾向にありますが、危険やデメリットを感じている方がとても多いです。

まとめ

リードは「散歩のための道具」というだけではなく、いざという時に愛犬の命を守る、大切なものです。

「リードを嫌がるから」「よくしつけられているから」といった理由で、ノーリードにするのは危険なこと

自然な状態でリードをつけさせ、飼い主がしっかりコントロールするということを、常に意識しておきましょう。

この方法ならワンちゃんがとってもお利口に散歩ができるようになります↓
>> 散歩の基本「リーダーウォーク」。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です