子犬に必要な栄養素とは?成長期の体づくりのために


愛犬にとって必要な栄養は人間とは異なることは知られていますが、愛犬の年齢でも必要となる栄養素の量は異なります

子犬は、成長期なので体をつくっていく栄養が必要となり、成犬では健康の維持のための栄養量、高齢犬では衰える体を支える栄養素が必要となるためです。

スポンサーリンク

子犬に必要な栄養素とは?


では、子犬に必要な栄養素はどんなものでしょうか。

タンパク質

タンパク質には動物性タンパク質と植物性タンパク質とがありますが、子犬にとって重要なのは、動物性タンパク質です。

これは、体をつくるアミノ酸のほとんどが動物性タンパク質からつくられるためです。

脂質

細胞の成長には脂質が必要とされています。

また体内で合成できず食事から摂取する必要のある必須脂肪酸は、成犬はリノール酸のみですが、子犬はリノール酸・アラキドン酸と異なります。

炭水化物

活発に動き回る子犬の大切なエネルギー源です。

消化機能を高める働きもあり、腸の働きをよくし他の栄養素の消化吸収も助ける役目あります。

ビタミン

子犬の成長に欠かせない栄養素です。

ビタミンAは成長促進する作用や、皮膚の健康、免疫機能に必要です。

ビタミンDは骨格形成に必要です。

ビタミンEは筋肉の成長と免疫力の強化に必要です。

ビタミンは子犬の場合、成犬の1.5~2倍の量が必要とされています。

ミネラル

発育を促し、丈夫な歯や骨を作ります。

また、体液のバランスを整えます。

ただし、過剰摂取は腎障害などの原因となるため注意が必要です。

まとめ


これらをすべて考慮した食事を与えるのは大変ですが、市販の子犬用総合栄養食(ドッグフード)はバランスよく栄養素が配合されていますのでおすすめです。

子犬には必ず子犬専用のドッグフードを与えてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です