犬のアレルギーの子のシャンプー方法。症状の緩和と予防のために


愛犬をシャンプーするとき、どんな方法で行っていますか?

特に肌が敏感なアレルギーの愛犬におすすめのシャンプー方法をお伝えします。

もちろん、アレルギーのない愛犬にもおすすめです。

スポンサーリンク

おすすめのシャンプー方法

①ブラッシング

シャンプー前にはブラッシングをして、ほこりなどのゴミを取り除きもつれを除去しておきます。

②全身をしっかりと濡らす

お湯の温度は25~30度ほど

ぬるいと感じるくらいで調度いいです。

犬は汗をかけず体温調節が苦手ですので、のぼせに注意しましょう。

③シャンプー剤をつける

決してゴシゴシと擦ったりせず、指の腹や手のひらで優しくマッサージをするような力加減で。

愛犬の皮膚は人の6分の1の厚さしかありません。

人よりも敏感で傷つきやすいので注意してください。

④すすぐ

汚れをしっかりと洗い流しましょう

⑤シャンプー剤をなじませる

2回目のシャンプーです。

薬用シャンプーを使用している場合はシャンプー剤をなじませたら10~15分ほど待ちましょう

薬用成分が皮膚へしみ込むのを待つためです。

(普通のシャンプー剤を使用している場合は待つ必要はありません)

⑥しっかりとすすぐ

全身からぬめりが無くなるまでしっかりと流します。

特に脇や内股、足の指の間などはシャンプーが残りやすいので念入りに。

小型犬でも5分以上かけてすすぐことをおすすめします。

まとめ


アレルギーの愛犬にはきちんとした方法で定期的にシャンプーしてあげることが症状の緩和や予防として大切です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です