犬の尿毒症とはどんな病気?症状と原因、治療方法について


尿毒症とは、腎臓の機能が低下することで本来は尿として排出される老廃物の排出がうまくいかず、血中の老廃物濃度が高まってしまった状態をいいます。

この状態が続くと尿毒素が体内に蓄積され、全身の臓器に深刻な影響が出てしまう恐い病気です。

スポンサーリンク

尿毒症の症状は?

尿毒症の症状は、食欲不振、元気がなくぐったりしている、嘔吐や下痢、手足のむくみなどがあります。

また、まれにアンモニア臭の口臭がする場合があります。

進行すると、痙攣をおこしたり失神・昏睡と危険な状態になります。

尿毒症の原因は?


原因は、腎臓に炎症や腫瘍などなんらかの異常があると血液から老廃物を除去する働きが低下してしまい、尿として排出されなくなってしまうことです。

主に腎不全が進行したことによって発症されることが多いです。

その他にも、心不全により腎臓への血液が十分に送れないことで、体内の老廃物の除去ができない場合や、尿管が詰まるなどの、なんらかの原因で排尿が困難になってしまったという結果的に尿毒症になっている場合なども考えられます。

尿毒症の治療方法は?


治療は、輸液や利尿剤を使用し、老廃物を排出させます。

または人工透析を行うこともあります。

また、原因となっている疾患の治療も同時に行います。

まとめ

尿毒症は、ほっておくと死に至る恐い病気です。

前段階として、腎不全の症状がみられるなどの変化があります。

もしくは、尿が少ない・出ていない、色が薄いなど、おかしいと思った時点で診察を受け、早期発見・早期治療をこころがけましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です