犬のうんちの量はどのくらいが健康なのか?


愛犬のうんちは、健康状態を知るためにとてもよい情報のひとつです。

では、どんなうんちが健康といえるのか知っていますか?

スポンサーリンク

健康なうんちって?

健康なうんちの観察ポイントは、次の通りです。

健康なうんちの観察ポイント
①色
 茶色~こげ茶色。

②硬さ
 ティッシュなどで拾える硬さがある。

③量
 いつも同じぐらいの量。毎日同じフードを与えていれば、うんちの量も毎日同じが
 ふつう。

④ニオイ
 いつも同じにおい。同じフードを食べていれば匂いも変わらない。

⑤回数
 だいたい食事回数と同じ。

ですが、一概に健康なうんちはこう!と言っても愛犬によって健康な状態のうんちもそれぞれで違います

愛犬の健康な時のうんちの状態をしっていれば、そうでない時(状態が悪い時)に気づきやすくなります。

普段からチェックしておきましょう。

毎日同じ食事を与えよう


また、観察ポイントの量やニオイの部分でも触れているように、愛犬の食事によってうんちの状態は変化してしまいます。

コロコロと食事を変えたりせず、愛犬に合ったフードを選び、毎日同じドッグフードを与えることは、毎日同じようなうんちが出てチェックしやすく、健康管理の面でも推奨します

うんちの記録をつけよう


また、いつもと違ううんちが出た場合、固いのか柔らかいのか、色はどうか、量はどうか、回数はどうか、などをチェックし記録しておきましょう。

そして、心当たりがないか考えてみましょう。

いつもと違う食べ物を与えていないか、食事量やおやつが多すぎなかったか、外出先などで他の動物との接触はなかったか、環境や気温に変化はなかったか、ストレスとなるようなことはなかったか、などです。

これらは、いざ診察を受ける時に、大変有効な情報となります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です