犬がうんちしないときの原因5つと対処方法


愛犬がうんちをしないと心配になりますよね。

犬は、1日に数回排便するのが正常な状態といえます。

ですので、丸1日、2日、と便が出ていない状態は便秘であると言えます。

スポンサーリンク

便秘の原因は?


では、便秘になる原因はどんなものがあるかというと・・・

①水分不足

水分が不足すると便が固くなり出にくくなります。

いつでも新鮮な水が自由に飲める状態にしておいてあげましょう。

②食事内容

食事の栄養バランスが崩れていると便秘になることがあります。

おやつなどの与えすぎもバランスを崩す原因となるので注意しましょう。

③運動不足

散歩など十分な運動が足りていない場合も便秘になることがあります。

④ストレス

引っ越しやトイレの変更などの環境の変化等の精神的なストレスが原因となることもあります。

⑤病気

腸内に腫瘍や会陰ヘルニアなど腸の閉塞や腸の動きである蠕動運動の低下、肛門周囲の炎症などの痛みがある場合(この場合は動物病院にかかりましょう)などです。

便秘の治療方法は?


動物病院での治療方法は、水分補給の輸液、下剤の投薬、浣腸などです。

家庭でできる対処法としては、食事内容や水分摂取の見直しなど考えられる原因の対処が基本となります。

または、お腹をマッサージしてあげるのもおすすめです。

マッサージはストレスの緩和にもよい方法です。

飼い主さんの手を温めておき、仰向けにした愛犬のおへそのあたりを時計周りに、ゆっくりと優しい力加減でなでてあげます。

愛犬がリラックスできるように声をかけながら行うのがおすすめです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です