犬の胃腸の弱い子の対応策とは?フードの替え方と選び方


うちの愛犬は胃腸が弱くって・・・という方もいらっしゃると思います。

そんな愛犬に対してどのようなことをしてあげられるのか考えてみましょう。

スポンサーリンク

原因を調べよう


まずは、胃腸の弱さがどこから来ているのか調べることも大切です。

体質だから、と思っていたら実は食物アレルギーがあったということも少なくありません

まずは一度診察を受けて調べてみましょう。

食事を替えてみよう

そこで、これといって原因が見つからない場合は、食事を替えてみる方法があります。

たとえ一般的に良いとされている高価なドッグフードであっても、愛犬にとって合わなければよいフードではありません。

その子その子に合ったフードを見つけることが大切です。

胃腸の弱い子には消化性の良いフードを選ぶのが良いとされ、高たんぱく低脂肪のものがよいでしょう。

そして本来の肉食動物という側面から穀物などは胃腸に負担がかかることもわかっており、穀物の入っていないフードを選んでみるのもよいでしょう。

しかし、フードを選ぶときにも注意が必要です。

たとえその子に合うだろうよいフードでも今まで食べていたものから急に変えてしまうと胃腸が急な変化についてゆけずかえって調子を崩すことがあるためです。

食事を切り替える時の注意点


新しいフードに切り替える場合は、少量ずつ現在食べているフードに混ぜるかたちで、時間をかけて変えていきましょう。

胃腸の健康な犬でも1週間ほどかけるのがよいとされていますので、胃腸の弱い愛犬の場合は本当に数粒ずつ新しいフードに替えていくといった慎重さも必要です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です