犬が下痢の時の食事はどうする?正しい対処方法とは?


愛犬が下痢をしているとき、食事はどうしたらいいのかと迷うことがあります。

スポンサーリンク

犬が下痢の時の対処方法とは?


どのくらい下痢をしているのか、下痢の回数はどうか、元気さはあるのか、食欲はあるのか、など下痢ひとつとっても状態は様々ですが・・・下痢をしているときは、基本的には食事を抜いて一度お腹の中を空にすることでお腹を休ませます。

このとき、水は自由に飲めるようにしておいてください。

ただし、子犬や高齢犬、病中の犬の場合は食事を抜くことで体調が悪くなる場合があるので注意してください。

また、お腹の空きすぎで胃液を吐いてしまうような子の場合も絶食は避けた方がよいでしょう。

絶食が難しい時、もしくはそこまででもない場合、または絶食を行った後は、普段の食事または消化の良いフードを通常の給与量の三分の一を与え、大丈夫なようなら次の食事は二分の一、その次は三分の二と少しずつ増やしていき、普段の食事量へ戻していきましょう。

脱水に注意!


下痢が続いている場合は、脱水にも注意が必要です。

愛犬の背中の皮膚をつまんでみて、皮膚がすぐに元の位置に戻れば正常ですが、戻るのに時間がかかったり、戻らない場合は脱水しています。

こまめに水を飲ませるようにして下さい。

水をたくさん飲んでもらうためには、頻繁に水を入れ替えて新鮮な状態にしてあげるのも方法です。

スポーツ飲料やミルクなどを混ぜて飲ませる方法もありますが、普段から飲んでないものを与えることで刺激になってしまうこともあるので注意してください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です