子犬が鳴くのは病気?見極め方は?夜鳴きの対処方法は?

ご存知ですか?
たった3つのことを実践するだけで、あなたの愛犬がとても良い子になることを。
実際のしつけの場面が動画で公開されています。
   ↓   ↓   ↓   ↓
>> テレビでも話題の犬のしつけ方。詳しくはこちら


子犬を飼い始めた家族が、まず悩むものの一つとして子犬の「鳴き」があります。

日中は元気な様子なのに夜になると鳴きだす・・・もしかして何かの病気なのではと、心配されるご家族も少なくありません。

スポンサーリンク

病気かどうかの見極め方は?

もちろん、鳴き方によっては病気を疑わなければなりません

どこか痛いや調子の悪さからくる不安で鳴いている場合もあるからです。

しかし、その場合はずっと鳴いている・弱弱しい声・体が震えている・触られるのを嫌がるなど他のシグナルも同時に出している場合がほとんどです。

元気・食欲があり、特定の時間や場面で鳴いていないか考える必要があります。

夜鳴きの対処方法は?


家族に迎えたばかりの時期のほとんどの子犬は、「夜鳴き」をします。

それは不安や寂しさなど精神的なことが原因の鳴きです。

家族から離されて知らない場所、不安になるのも無理はありません。

しかし、可哀そうだからといってかまいすぎると、要求すると飼い主が応えてくれることを覚え、今後のしつけの時に困ることになりかねません。

ぬいぐるみを一緒に置くことや飼い主の匂いのついたものを与える、湯たんぽをタオルでくるんで置いてあげるなどの対処をとることをおすすめします。

空腹やトイレでも


また、空腹トイレに行きたいなどの場合も考えられます。

子犬は人間の赤ちゃんと同じようにお腹がすくと鳴き始めます。

成犬と違い消化器官の能力が未だ低い子犬は少量の食事を頻回に与えます

食事の回数は1日3~5回、最低でも生後6か月までは1日3回以上与えて下さい。

トイレに起きてしまう子犬には飼い主さんが寝る前に一度起こしてトイレをさせておくと朝まで我慢できるでしょう。

犬のしつけ
ご存知ですか?
たった3つのことを実践するだけで、あなたの愛犬がとても良い子になることを。
実際のしつけの場面が動画で公開されています。
   ↓   ↓   ↓   ↓
>> テレビでも話題の犬のしつけ方。詳しくはこちら
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です