犬のマーキングとは?室内でするのをやめさせるには?防止グッズとは?

20150707
犬のマーキングに困っていませんか。

室内でマットや毛布にマーキングをされてしまうのは飼い主にしてみればかなり迷惑ですよね。

マーキングをやめさせるにはどうしたいいのでしょうか。

スポンサーリンク

犬のマーキングとは?

20150707-2
マーキングは、自分の臭いを残すために少量のおしっこをかける行為のことです。

雄の場合は自分の強さを主張する意味もあります。

気の強い犬だと、他の犬がおしっこをした場所に自分のおしっこをかけて、自分の方が強い、ここは自分の縄張りだ、と主張したりします。

犬のマーキングを室内でやめさせるには?

20150707-4
室内犬の場合、新しいマットやベッド、段ボールなど新しい臭いのものに何でもマーキングしてしまうような犬もいます。

飼い主としてはかなり困ってしまう行為ですので、やめさせたほうがよいでしょう。

マーキングをやめさせるにはしつけの見直しが必要です。

主従関係が結ばれていると、室内でマーキングをしなくなることがあります。

マーキングは自分の縄張りを主張する行為ですので、飼い主がしっかりと主導権を持っていれば、マーキングはしなくなります。

主従関係を作るには、食事を一緒にしたり、自分の体の上に乗せたりすることをやめましょう。

犬は飼い主がリーダーになってあげないと、自分がリーダーになろうとしますよ。

飼い主が上、犬は飼い主に従う、という縦の序列を認識させましょう。

マーキングをしそうになったときはすぐに体をひっくり返して服従の姿勢にします。

「ノー!」「ダメ!」などの短い言葉で怒ります。

このとき、言葉を毎回変えたりせず、いつも決まった言葉で怒るようにしてください。

このようにしてマーキングをしてはいけないということを、覚えさせていきます。

マーキングをされてしまったときは、すぐに掃除をして臭いを残さないようにしてください。

臭いが残っているとまた同じ場所でされてしまうことがあります。

マーキングをやめさせるには時間がかかるかも知れませんが忍耐強く教えて、しつけていきましょう。

犬のマーキング防止グッズがある?

20150707-3

  • スプレー

犬が嫌がる臭いのスプレーです。
マーキングしてほしくない場所にスプレーしておきます。
人間にはあまり感じられない程度の臭いなので使いやすいです。

  • マナーベルト

雄用のオムツのようなものです。腹巻のような形をしています。
人間用の尿漏れパッドや生理用ナプキンなどをあてて使用します。
人間の赤ちゃん用の尿取りパッドも吸水性がよく重宝します。
長時間つけることは蒸れたりもれたりして不衛生なので気を付けてください。

  • オムツ

犬用のオムツが販売されています。
老犬用のオムツ以外に、マーキング対策用に設計されたオムツがあります。
ずれたりゆがんだりする心配なく使えて安心です。

まとめ

マーキングはしつけでやめさせましょう。

それには飼い主との主従関係を構築することがまず先決です。

マーキングがクセになっていると飼い主がしつけを怠っているようにみられてしまうこともあります。

ドッグランやドッグカフェへのお出かけなどには、マナーベルトの着用も考えましょう。

愛犬と主従関係を作って、家でのマーキングも止めさせられるトレーニング↓
>> あなたが強いリーダーシップを発揮できるしつけ法

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です