犬は病気でも震えることがあるの?ブルブルする理由5つを知っておこう


犬がブルブルと震えているのを見たとき、「寒いんだな。」と簡単に考えていませんか?

もちろん、寒さが理由の時もあるでしょう。

しかし、犬が震える理由には大きく5つあります。

スポンサーリンク

ブルブルする5つの理由

①寒いとき

人と同様に寒い時は犬も体が震えます。

子犬や高齢犬は体温調節がうまくいかず低体温になることもあります。

様子をよく観察して愛犬のいる場所の環境を整えてあげましょう。

②恐がっているとき

雷や花火などの大きな音や慣れない環境、他の動物に会った時など強いストレスを感じているときにも震えることがあります。

傍について落ち着かせたり、おもちゃやおやつなどで気をそらしてあげるのも良いでしょう。

③興奮しているとき

家族が帰宅したときや遊んでもらったときなど、嬉しさなどから興奮して吠えたり、震えたりすることがあります。

④痛みがあるとき

怪我をしている場合や何かの痛みを感じている場合に震えることがあります。

触られるのを嫌がる、動きたがらないなどがあれば注意が必要です。

また事故など大怪我をしたとき、ショック状態になると震えを伴います。

⑤病気の時

吐き気があるときにも震える場合があります。

また、てんかん や脳の障害、神経系の病気でも震えが生じるものがあります。

まとめ


このように、愛犬が震える理由はひとつだけではありません。

なかには危険な状態を示すサインの場合があるのです。

愛犬が震えていると思ったら、まずは温かくして落ち着ける環境にしてあげます。

それでも震えが止まらない場合は動物病院へ連れて行って診察を受けましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です