犬の病気の椎間板ヘルニアはどんな症状?予防する方法は?


椎間板とは、背骨の骨と骨の間にある、背中を曲げたり、背骨にかかる衝撃をやわらげたりするクッションのようなものです。

そして、この椎間板が、何らかの原因で正常な位置から飛び出てしまい背骨の中を通っている神経を圧迫してしまっている状態を椎間板ヘルニアといいます。

スポンサーリンク

注意が必要なのはどんな犬?


ダックスフンドの病気としてよく知られていますが、他にもシーズー、ペキニーズやプードル、パグ、ビーグルなど軟骨異栄養症性犬種と呼ばれる犬種に多く見られます。

この犬種は若齢(2~7歳頃)から発症する傾向があり、他犬種では高齢になると多くみられます。

また肥満犬もかかりやすいといわれているので注意が必要です。

椎間板ヘルニアの症状は?

症状は、背中を痛がる、歩き方がへん、後ろ足が立たない、と段階的に進行し排尿・排便困難になることもあります。

進行は早いペースだと1日で立てなくなることもあります。

抱くとキャンと痛がったり、腰を振って歩く、後ろ足がもつれるといった様子が見られたら注意しましょう。

治療は、初期であれば安静と、投薬など内科的治療で痛みを抑えたりしますが、進行していれば手術を行いその後リハビリがしばらくの間必要となります。

しかし神経の障害度合いにより麻痺が残ることもあります。

予防する方法は?


予防としては、椎間板ヘルニアを発症しやすいといわれる犬種では、なるべく激しい運動はひかえるようにしましょう。

フローリングなどの滑りやすい床ではカーペットを敷いたり、段差の上り下りも出来るだけ避けましょう。

また、食事管理をしっかりとして肥満にならないようにすることも大切です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です