犬のクッシング症候群は太る病気?原因と症状は?高齢犬がなりやすい?


クッシング症候群は、副腎皮質機能亢進症ともいい、脳下垂体の過形成や腫瘍、副腎皮質という臓器にできた腫瘍によって、副腎皮質からコルチゾールというホルモンが異常に多く分泌されてしまうことが原因の病気です。

または、アトピーなどの症状を抑えるために長期間ステロイド剤を使用し、なんらかの理由で突然に投薬を止めてしまうと、副作用としてクッシング症候群を引き起こしてしまうことがあります。

動物病院から処方されている薬は自己判断等で勝手に投薬を止めたりせず、必ず獣医師へ相談してください。

スポンサーリンク

高齢犬がなりやすい?症状は?


発症は8歳以上の高齢の犬に多くみられます。

この病気になると、たくさん水を飲んでたくさんおしっこをする多飲多尿に多食。

全体的に毛が薄くなる、かゆみのない左右対称の脱毛、皮膚が薄くなる。

筋肉の脱力による階段などの歩行困難。

そしてお腹がふくれるといった症状がみられます。

太る病気?


お腹がふくれるといった症状から、飼い主さんは愛犬が単に太ったと誤解してしまうこともあります。

このお腹のふくらみは、肝臓が悪くなっているのが原因なので食事を減らしても治るものではありません。

また、高齢犬によく発症するところからも、症状の脱毛や運動困難を老齢のせいだと考えてしまうことが多いです。

まとめ

クッシング症候群には予防の方法はありません。

なので、早期発見・早期治療をすることが大切です。

気になる症状がみられたら、老齢などののせいにせず、動物病院でチェックしてもらいましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です