犬の腸につく寄生虫の怖さ!人間に感染する?感染経路は?


体の中に寄生する内部寄生虫は、主に動物の便から排泄された幼虫や虫卵が、犬の口から体内に入り込むことで感染します。

または、母犬の胎盤を介して子犬に感染することもあります。

スポンサーリンク

寄生虫を発見したら


腸内寄生虫は、回虫、鉤虫、鞭虫、条虫などがあります。

便と一緒に虫が出てきて発見されることが多いです。

寄生虫は、大量に寄生している場合や、子犬など抵抗力の弱い犬が感染していると下痢などさまざまな症状がでてくることがありますが、健康な犬ではあまり症状が現れない場合もあります。

犬の体内にすみついた腸内寄生虫は、駆虫薬を飲ませることで駆虫できますが、虫卵は乾燥やある程度の熱にも強く、土の中などで生き延びています。

不特定多数の犬が訪れる公園や散歩コースなど、感染の可能性のある場所は多いため、気を付けなければなりません。

人間に感染する?


犬の腸内寄生虫の中には人にも寄生するものがあります。

特に幼児や抵抗力の弱い人が感染すると、重い症状を発症することがあります。

例えば、回虫症の場合、人の体内では成虫になれない回虫の幼虫が体内を移動し肝臓や肺に寄生しますが、まれに眼の中に入り込んで視覚障害・失明の原因になることもあります。

まとめ

愛犬のためだけではなく人への感染の予防のためにも、定期的な駆虫をおすすめします。

また、飼い主さんは愛犬とキスなど過剰な触れ合いは避け、愛犬を含め他の犬猫を触った後は手洗いをする・愛犬の排泄物はすぐに片付ける、など気を付けましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です